• G+
Vol1.

Vol1. 目的買いしたいデジタルカメラ


デジカメ業界では近年、「軽いうえにきれいな写真が撮れる」新旧機種の入れ替わりの激しくなってきているのが実情です。

これはパナソニックがミラーレス一眼を08年に世界で初めて商品化したのがきっかけで、12年までに各社が追随していました。それにスマートフォーンまで加わってますが、足元では伸び悩みを見せています。

特に欧米では「カメラは大きいほど高級」との認識も強く、買取査定依頼の多い状態です。


デジカメは道具ですから、「良し悪し」よりも、コストまで含めた「使用目的に合っているのか?」が大切なのです。使用目的によって、その人にとっての「良いカメラ」は大きく変わってしまいますし、目的が変われば他のカメラに目が移ります。

ですから、もし使用目的が変わった場合には早めの買取査定を出されることをお勧めします。新しくて扱いがきれいな方が買取査定額が高くなることは言うまでもありません。

使用目的が以前と変わって新製品を買いたくなったら、早めに買取査定に出し、そのデジカメに合った使用目的の人にお譲りするのはいかがでしょう。きっと、その方の満足度も上がります。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧

コラム

ecofaからのデジタルカメラ買取についてのメッセージです。お買取りを検討されている方は、ぜひ一度ご覧ください。


>>コラム一覧はコチラ