• G+
Vol2.

Vol2. デジタル一眼カメラとデジタルビデオカメラの違い


この両者、意外とどちらを買うか迷われる方が多くいるようです。どちらにも同じような機能がついているからではないでしょうか。デジカメはもともと静止画を撮ることが目的のカメラ、ビデオカメラは動画を撮ることを目的にしたカメラです。

2者の形状自体、静止画を撮りやすい形、動画を撮りやすい形ですよね。静止画を撮るには目を凝らして大きな画面で細部を見やすいディスプレイと形、動画を撮るにはあまり目を凝らすことなく見やすいディスプレイと長時間持っていやすい形になっているわけです。


ただ、昨今はスマホのレンズ性能が向上して市場自体が小さくなっている様子です。特に、苦しそうなのはデジタルカメラの市場のようです。デジタルカメラの中でもコンパクトカメラと呼ばれていた市場が小さくなり、メーカーは皆、ミラーレスカメラなどの高機能型に注力していったわけです。

最近では、どのメーカーも性能向上に力を入れるだけではなく、撮影の仕方を紹介して初心者でも簡単にいい写真を撮れるように力を入れていることが伺えます。少し前の型に比較して驚くほど高性能でコンパクトになっていっています。 

でも、ユーザーから見るとあまりにも性能進化が激しくて、どんどん新しいものに買い替えないと世の中に遅れていくような感じをもたされるので困りものですね。もし、旧型のデジタルカメラを部屋の中で持て余し気味であれば、当社の買い取り査定に出されるのはいかがでしょう。

今年の春の新学期、新入学の始まる前、消費税増税前の3月中が高く売るチャンスです。その時期に新たな機種も購入し、家族の人生の新たな門出を新しいデジタルカメラで記録に残すのもいいのではないでしょうか。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧

コラム

ecofaからのデジタルカメラ買取についてのメッセージです。お買取りを検討されている方は、ぜひ一度ご覧ください。


>>コラム一覧はコチラ