• G+
Vol4.

Vol4. 大きく進化したのに低価格になっています


海へ泳ぎに出かける、川辺でキャンプをするなど、水辺でレジャーを楽しんでいるときにデジタルカメラを川や海の中へ落としてしまい、使えなくしたことはありませんか。私も、デジタルカメラが発売されたばかりの頃に、同じ経験をしたことがあります。友人達と川辺でキャンプをしたときに、購入して間もないものを持って行きまして、うっかり川の中へ落としてしまいました。画素数は100万ほどで手振れ補正などの機能も無い、発展途上の製品でしたから、もちろん防水機能もありません。それでも結構高価で、思い切って購入したものでしたが、慌てて水から引き上げたときには内部まで完全に浸水していて、動かなくなってしまいました。故障してしまったものですから買い取りに出すことも出来ず、泣く泣く捨てたことを今でも覚えています。それ以来水辺の近くで持ち歩くときには必ず防水ケースに入れていますが、結構大きくなってしまい不便に感じていました。それから20年たった現在、デジタルカメラはよりコンパクトに、多機能に進化して、防水機能まで備えた製品も販売されるようになっています。画素数は1500万ほどで光学ズームは3倍、10メートルの深さまで沈めても大丈夫といった高い性能なのに、価格は1万円を切っている製品まで登場しました。防水機能のある新製品を購入するには今がチャンスかもしれません。また、何年か前の製品でも、防水機能があるものは人気が高く、高価で買い取りされています。不要のものがございましたら、ぜひ当店の買い取りサービスをご利用下さい。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧

コラム

ecofaからのデジタルカメラ買取についてのメッセージです。お買取りを検討されている方は、ぜひ一度ご覧ください。


>>コラム一覧はコチラ