• G+
Vol6.

Vol6. 頑丈さが魅力のデジタルカメラもあります


「現場監督」というシリーズのカメラが発売されていたことをご存じですか。発売が始まったのは1988年。工事や建設などの状況を撮影するという目的に絞って開発されました。工事現場などでの撮影に使いますので、水に濡れたり落としたりして壊れてしまうようでは困りますから、防塵や防水、防砂、耐ショック性能を備えた、とても頑丈な構造の製品でした。その頑丈さが魅力となって、工事や建設現場などの撮影だけにとどまらず、アウトドアでの撮影にも重宝されました。その武骨なスタイルにも魅力がありましたね。登場以来、水で洗えるようになったりズームレンズが搭載されたりなどの改良が加えられ、その使い勝手はどんどん向上していき、愛用される方もたくさんいらっしゃいました。買い取り市場でも人気があり、隠れた名機だったと思います。デジタルカメラが中心となってからもそのコンセプトを受け継いだ製品が開発され、特に2005年に発売された「DIGITAL現場監督 DG-5W」は、現場監督シリーズとして最後に発売された製品であり、ズームレンズを搭載しながらもジャンパーのポケットなどにも入るコンパクトさを実現していて手放せない方も多く、現在でも高い人気があります。発売はすでに終了していて、この製品を愛用していて、当店に買い取りされた製品はないか問い合わせをされるお客様もいらっしゃるほどです。当店ではこのようなカメラを探しております。ご不要の製品をお持ちでしたら、ぜひ当店の買い取りサービスにお出しください。お待ちしております。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧

コラム

ecofaからのデジタルカメラ買取についてのメッセージです。お買取りを検討されている方は、ぜひ一度ご覧ください。


>>コラム一覧はコチラ