• G+
Vol7.

Vol7. 予約で売り切れのLUMIX CM1が注目されています


パナソニックから発売された新しいデジタルカメラ、「LUMIX CM1」が注目されています。その理由は、価格が13万円弱とかなり高価なのですが、販売台数が国内で2000台と限定されていて、発売前の予約段階で売り切れとなってしまい入手が非常に困難となっているからのようです。限定販売の商品とはいえ、高額の製品が予約で売り切れとなるには他に理由があると思い、製品をチェックしてみました。これまでにないデジタルカメラとスマートフォンを融合した、コミュニケーションカメラという新ジャンルの製品ですね。外見はクラシックで落ち着いた感じのデザインになっていて、ボディの薄さは最薄部で152mmと世界最薄となっています。レンズには、信頼と確かな品質で評価の高い、伝統あるライカのDCエルマリートレンズが採用されています。2010万画素の有効画素数や20M 1.0型高感度MOSセンサーとあいまって、様々な場面で美しい写真を撮影できそうです。スマートフォンとしての機能もぬかりありません。ボディの裏面をみると、4.7型の液晶画面になっています。スマートフォンと同様にインターネットに接続したりアプリを利用したりできますし、もちろん音声通話も行えます。このような新しい製品ですから、発売前から注目されていて、予約だけで売り切れとなるのも当然ですね。買い取りした中古製品にも高値が付きそうで、どのような買い取り査定が行われるのか、こちらも注目されています。しばらくは高い買い取り査定を期待できると思いますよ。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧

コラム

ecofaからのデジタルカメラ買取についてのメッセージです。お買取りを検討されている方は、ぜひ一度ご覧ください。


>>コラム一覧はコチラ