• G+
Vol12.

Vol12.デジタル一眼レフカメラの魅力にとらわれてしまいました


現在私が主に使っているカメラはコンパクトデジカメのニコンのCOOLPIX S6000。購入したのが2010年のことですから、使い始めて5年になります。手のひらに収まるコンパクトなボディなのに光学7倍ズームのレンズを搭載していて、その他にも手振れ補正機能などの様々な機能を搭載おり、現在でも不満無く使えています。その後にメインカメラとして使うつもりで、同じニコンでやや大きめの、光学24倍ズームなど性能がより向上したモデルであるCOOLPIX P90を購入しましたが、いつでも気軽に持ち運べることなどからS6000を使うことがほとんどで、P90はほとんど使わない状況です。P90を買い取りに出してS6000の後継モデルを購入することも考えたのですが、コンパクトデジカメは新製品の登場サイクルが早いために発売から6年経った製品だと買い取り査定はかなり低いものとなっていて、機能などに不満があるわけでもないので買い取りに出さず持ち続けています。コンパクトデジカメで十分に満足していたため、デジタルの一眼レフカメラのとなると全くと言って良いほど興味が無かったのですが、先日、デジタル一眼レフを持っている友人が撮影した写真を見て、そのクオリティの高さに感心してしまいました。その友人によると、コンパクトデジカメよりも性能が高いAFセンサーや大きいイメージセンサー搭載し、他にも高度な機能を備えているのでイメージどおりの高画質な写真が撮れるそうです。その魅力にすっかりとらわれてしました。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧

コラム

ecofaからのデジタルカメラ買取についてのメッセージです。お買取りを検討されている方は、ぜひ一度ご覧ください。


>>コラム一覧はコチラ