• G+
Vol14.

Vol14.デジタル一眼レフカメラが選ばれるポイント(1)


カメラの販売が画像の記録にフィルムを使うアナログモデルからSDカードやメモリースティックを使うデジタルモデルに移るとともに、デジタルモデルにもコンパクトタイプやミラーレスタイプ、一眼レフタイプといった様々なタイプが用意されるようになりました。先月のコラムでも少し触れましたが、当店のカメラ買い取りサービスへ買い取り依頼で送られてくるデジタルモデルも一眼レフタイプの割合が増えています。中古の製品をお探しの方も増えているようで、当店で買い取りした製品についての問い合わせが増えている状態です。最近のコンパクトタイプは性能がどんどん向上していて、2000万以上の画素数や高倍率のズームレンズに加えて、さらに進化した手振れ補正機能や様々な撮影モードなどを備えていますから、あえてボディが大きくなり価格も高くなる一眼レフモデルを選ぶ必要は無いように感じる方も多いと思います。そこで一眼レフモデルが選ばれるポイントを、今月から数回に分けてお話ししていきたいと思います。一眼レフモデルを選ぶポイントとして重視する方が多いのがファインダーの違いです。一眼レフモデルでは、望遠鏡を見ているようにレンズから見えている像を目で見ることができます。コンパクトモデルで使われている液晶モニターを見るよりも目が疲れず、自分の好みに合わせた細かな調整がしやすいので、たくさん撮影する方に好まれているポイントですね。写真撮影が趣味で目が疲れて悩んでいる方はデジタル一眼レフカメラを試してみてはいかがでしょうか。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧

コラム

ecofaからのデジタルカメラ買取についてのメッセージです。お買取りを検討されている方は、ぜひ一度ご覧ください。


>>コラム一覧はコチラ