• G+
Vol18.

Vol18.ちょっとしたお手入れで長く良い状態を保てます


カメラを買い取りへ出したときに高い査定をもらえるポイントと言えば「状態が良いこと」ですね。理想を言えば「新品の状態」ということになりますが、せっかく購入したのに使わないで保管していることはあまり無いと思います。ですから、いかに良い状態を買い取りへ出すときまで保ち続けるかということがポイントになります。当店の買い取りサービスでお預かりするカメラの中には、長年使われてきたにも関わらず非常に状態の良い製品があります。どのような扱い方をしていたのか依頼主の方へお尋ねしてみると、皆さん決まって「使った後の手入れを欠かさず行っていた」と話されます。それも何時間もかけて念入りに行うのではなく、「短いときで10数分くらいの手入れ」ということです。方法としては手の油汚れや指紋が付着しないように手袋をして、まず使い終わったカメラやレンズに付いたゴミやホコリを、ブロワーで吹き飛ばします。それからブラシや綿棒を使って細かい部分の汚れを取り、専用のクリーニングクロスを使って全体をから拭きします。レンズについては、表面はとても傷つきやすいので、ブラシは使わずに専用のクリーニング液をクリーニングペーパーに付けて汚れを落とします。最後に、液晶画面部分に付いた指紋や油汚れはクリーニング液を付けたクリーニングペーパーで拭き取り、マウント部や電気接点部分のゴミやホコリをブロワーで取り払います。このようなちょっとしたお手入れで長く良い状態を保てるので、使い終わって保管する前にぜひ試してみて下さい。

"

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧

コラム

ecofaからのデジタルカメラ買取についてのメッセージです。お買取りを検討されている方は、ぜひ一度ご覧ください。


>>コラム一覧はコチラ